病院と保健所の違い|性病検査キットのメリットと利用方法|性病の種類や検査方法

性病検査キットのメリットと利用方法|性病の種類や検査方法

ドクター

病院と保健所の違い

顕微鏡

性病には様々な種類があり、それぞれ症状等も大きく異なります。中には自覚症状の現れづらいものも存在するため、その感染率は高いものとなっているのです。また、自覚症状の現れない性病であっても、重症化すると急激に症状が現れることがあります。そうなってくると治療にも時間が掛かってしまうため、早期の性病検査により早期治療が重要になるのです。性病検査を受ける際には、基本的に医療機関を受診することになります。性病検査を受けることのできる医療機関というのは、病院か保健所のどちらかです。ここでは、それぞれの医療機関で性病検査を受けた際に得られるメリットについて知って行きましょう。

病院で性病検査を受けた際に得られるメリットというのは、検査方法の豊富さと精密さにあります。性病の種類は多岐に渡り、感染箇所も性器周辺や喉など様々なのです。そのため、性病を判別するためには適した性病検査を行なう必要があります。病院には、それを行なうための医療機器や技術が整っているのです。ただし、病院で性病検査を受ける際には、名前を隠すことができない他、医師による診察まで受けなければなりません。保健所で性病検査を受ける場合、病院とは違い受けることのできる検査方法の種類は少ないものとなっています。保健所では主にHIV検査を行なっているため、その他の性病を検査する機会は少ないのです。しかし、病院と違って検査無料であることが多く、匿名で受診することができます。あまり人に知られたくないという人には、保健所の利用が最適でしょう。